レインフォレスト・デラックスジムIIの注意事項!赤ちゃんが生まれたらプレイジムは必須!

0歳

赤ちゃんが起きていてご機嫌な時は、床で自由に体を動かせるようにしましょう。目の前に興味のあるものがぶら下がっていると理想的です。そして、そんな理想をかなえてくれるのがベビージムです!赤ちゃんが生まれたら、ベビージムは必須です。

我が家では、子供が2ヵ月の赤ちゃん時代にフィッシャープライスの「レインフォレスト・デラックスジムII」を買いました。もっと早く買えばよかった。

ずりばいで移動できるようになると遊ばなくなるので、使える期間は1年もないのですが、本当に買ってよかったです。乳児期でこんなに遊ぶおもちゃは他にないだろうと思います。

「レインフォレスト・デラックスジムII」を選んだのは、マットがついたタイプのベビージムとしては一番安かったからです。長く使えるものではないし、安いので十分でした。一部のぬいぐるみは布製ですが、マットはポリエステルなので汚れてもきれいにしやすいです。布製のぬいぐるみとマットは洗濯機でも洗えます。

マットの大きさは、77センチ×82センチです。やや大きいのですが、赤ちゃんが動き出したらしまうことになるので、さほど気にならないかと。

ものすごくおすすめですが、組み立てる時に注意してほしいことがあるので、ぜひご確認ください!!

スポンサーリンク

【超重要!】組み立ての注意点

一番大事なことは、葉っぱを付けないということです!こちらの葉っぱ、付けたら外れません!!葉っぱがあろうとなかろうと大してかわらないので、付けないほうがいいです。

1.葉っぱは付けないで!

下の写真の赤の矢印でしめしたのが、問題の葉っぱです。

子供が派手に遊ぶようになると、ジムが崩壊することがあるのですが、その時に葉っぱの先端が赤ちゃんに刺さらないか心配です。同じような心配をされる方は、付けるのを止めましょう!!

2.アーチは外れないけど付けるしかない

アーチを接続してください。これも一回接続すると外れない仕様ですが、付けないと遊べないのでつけましょう。ちなみに、我が家では接続が甘かったのか、マットに装着した状態で斜めにしてゆさゆさすると外れました。

3.マットに取り付ける

アーチの脚をマットに差し込みます。

4.鳥さんの電池は基本的には不要

頂点にとりつける鳥は取り外しできます。電池を入れると光ったり、音楽が流れたりしますが、赤ちゃんには電子音は不要なので、電池も基本的には不要です。 単3電池が2個必要ですが、別売りです。 電池を入れるためにはプラスドライバーが必要です。

我が家は電池を買ってしまったので、友人が遊びに来た時だけ電源を入れていました。

鳥さんの他の付属のアイテムはこちらです。赤ちゃんが大好きな鏡もちゃんと入っています!割れない鏡で大きめのものがなかなか売っていなかったので、鏡だけ取り外して遊んだりもしていました。

5.ぬいぐるを取り付ける

ぬいぐるみはつけたり外したりできます。我が家では青いお猿さんが人気でした。

6.保管方法

組み立てた後でも、もともと入っていた袋になんとか入れることができます。ただし、ボタンははめられません…。

ちなみに、アーチの部分をけることができる位置に赤ちゃんを寝かせてあげると、けるたびにぬいぐるみがゆさゆさと揺れてとても喜びます。足でけって遊べるプレイジムもありますが、「レインフォレスト・デラックスジムII」で十分楽しいと思いますよ!

知育とおもちゃについては、「0歳のおもちゃ5選!頭がいい子ほどおもちゃは少ない!」へ。

育児を楽にして、子供の自立を促すベビーグッズは、「赤ちゃん期の0歳、1歳で活躍した育児グッズ!神6」へ。

タイトルとURLをコピーしました