赤ちゃん期の0歳、1歳で活躍した育児グッズ!神6

妊娠中

子供が2歳になったので、0歳、1歳で本当に活躍したグッズを6つ厳選しました。

スポンサーリンク

1. おしりふき用の霧吹き

おしりふきは断然、水とコットンです。ウエットティッシュタイプより安心で使い勝手がいいですよ。コットンに水を含ませるときに、コンビの霧吹きが大活躍しました。
お湯でコットンおしりふきが大活躍!おしりふきはコットン+霧吹きが断然おすすめ

2.三つ折マットレス

うちの子はベビー布団では寝てくれなかったのですが、マニフレックスのマットレスに寝かすと起きませんでした。マニフレックスのマットレスがなかったら、深刻な寝不足に陥っていたと思います。育児用に買ったわけではなかったのですが、買っておいて本当に助かりました。

ベッドフレームは使わなかったので、転落事故の恐れもありませんでした。布団より、室内干ししやすい点もグッドです。
赤ちゃんをどこで寝かせるか?フローリングでもベビー布団がおすすめ

3. モンテッソーリ風の棚(無印)

オープンラックに服やおもちゃをディスプレイして、子供が選びやすいようにしています。うちの子は、 1歳4ヵ月くらいから、自分の服は自分で選んでいます。

2歳になると、濡れたり、着替えたい気分になると、自分で着替えるようになりました。 子供が自分でやれることはやれる環境を整えると、親は楽できますし、子供も楽しく生活できます。
お片付けが簡単!無印でモンテッソーリ風おもちゃ棚と衣類収納

4.タオルかけとベビーハンガー

もともと部屋干し用の竿はあったのですが、洗濯物が増えて、干しきれなくなりました。外に干すのも面倒です。バスタオル掛けを新調したら、部屋干しのキャパシティが増えただけでなく、子供が自分で干そうとするようになりました。

ベビーハンガーに子供が自分の服をかける時もあります。子供には積極的に家事をやって欲しいので、子供が参加できる工夫をしたいと思っています。

もちろん邪魔だったり、面倒になる時はありますが、 一方で、子供が何かやっているすきに家事がはかどることもありますし、ぐずりが減ることもあります。
赤ちゃんのベビーハンガーは必要!シンプルなハンガーがおすすめな理由

5.踏み台

子供が安定して立てるようになったら、踏み台があると便利です。手を洗う時に抱っこをしなくて済みますし、少し大きくなれば台所でも使えます。踏み台もいろいろ迷ったのですが、結果的に軽くて、ほどよい高さがあり、折り畳みでないものを買って正解でした。
1歳児が手洗いを自分でできる!おすすめ踏み台とウォーターガイド

5.ワオカップカップベビー(WowBaby)

ストローマグより、ワオカップベビーが断然おすすめです。唇や舌をちゃんと使う飲み方ができ、洗いやすい、食洗機もOKです!
ワオカップカップベビー(WowBaby)の練習方法、いつから飲めるようになったか、持ち運び方法など紹介!

0歳で活躍したおもちゃ5選」もあわせてどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました