レゴデュプロの収納はフタ無し一択!Ay-Kasaのマルチウェイ ボックスなら遊びやすく片付けやすい!

1歳
スポンサーリンク

レゴデュプロの収納の条件

遊びやすく、かつ、片付けやすいレゴデュプロの収納の条件は…

  1. フタが無い
    ふたがあったら、開けるひと手間がかかります。遊ぶのもしまうのも面倒です。
  2. 中身が見え
    不透明な素材の場合は、収納するとおもちゃが見えないため、遊ぶ意欲を掻き立てません。
  3. スタッキングができる
    スタッキングができると、数が増えた時にも安心です。
  4. 浅くてブロックが探しやすい
    深い容器だと、底にあるブロックはなかなか手にとることができません。探すのも大変です。
  5. 軽量で子供が持てる
    親が出し入れを手伝うのは面倒です。

これらすべてをかなえる収納はなかなか見つかりませんでしたが、そんな中、出会ったのがAy kasaのマルチウェイ ボックスでした。

Ay kasaのマルチウェイ ボックスがまさに理想の収納

Ay kasaのマルチウェイ ボックスは、ヨーロッパのスーパーマーケットで、食品を運ぶときなどに利用されている収納ボックスです。

主なサイズは3種類あり、小さい方から、MINI(ミニ、Sサイズ)、MIDI(ミディ、Mサイズ)、MAXI(マキシ、Lサイズ)があります。 MAXIは60×40センチあるので、子供が運ぶのは難しいサイズです。

MIDI(Mサイズ)の幅と奥行きは40×30センチで、高さは14.5センチです。MINI(Sサイズ)の幅と奥行きは、26.6×17.1センチで、高さは10.5センチです。MIDI(Mサイズ)はがんばれば、2歳の子でも一人でもてます。 MINI(Sサイズ)は余裕で持てます。

我が家では、MINI(Sサイズ)とMIDI(Mサイズ)を2個づつ買いました。カラーが豊富なので、子供の好きなカラーや部屋の雰囲気に合わせて選ぶといいと思います!

注文して届いた時には、畳まれた状態で届きました(↓)。白がMIDI(Mサイズ)で、赤と黄色がMINI(Sサイズ)です。折り畳み式なので、使わない時はコンパクトにできるのもGOODです。

組み立てるとこんな感じです(↓)。同じサイズならスタッキングできます。今後ボックスが増えても積み重ねればいいので、便利です!

メッシュ状になっているので、側面からも中身が見えます。遊ぶ意欲を掻き立てるのでよいですね! 浅めの作りなので、底にあるブロックも探しやすいです。

やわらかいプラスチックなので、積み木のような重いものを入れる用途には向いていませんが、レゴデュプロのような軽いおもちゃなら大丈夫でした。

MIDI(Mサイズ)の中にMINI(Sサイズ)は2つ入ります(↓)。しかし、ぴったり入るというわけでなく、空間があきます。

そこで、MIDI(Mサイズ)のボックス1つに、MINI(Sサイズ)のボックス1つを入れて仕切りにしました(↓)。レゴデュプロなら仕切り無しでもいいかもしれません。小さいサイズのレゴを収納するならあると便利です。

左はピタゴラス ひらめきのプレートです(ピタゴラスプレートについてはこちらへ)。余裕で入りました。右はレゴデュプロです。写真では一部入れていませんが、「デュプロ®かずあそびトレイン( 10847)」と「デュプロ®のいろいろアイデアボックス(10887)」がMIDI(Mサイズ)ボックスにいい具合に収まりました。

おもちゃ収納は「よく見える」「すぐ手に取れる」デュスプレイ収納が基本です。我が家では、無印のパイン材ユニットシェルフを使っています(棚については「無印でモンテッソーリ風おもちゃ収納」へ)。

奥行きは26センチの無印のパイン材ユニットシェルフ棚に入れると、MIDI(Mサイズ)のボックスが4センチくらい飛び出ますが、いい感じに入りました。

むしろ、子供目線だとブロックが見えていい感じです(↓)。 中心部が下がっているので中身がよく見えます。 軽量なボックスなので、2歳のうちの子は、この棚から自力で出し、しまっています。

ふたがないので、さっと遊べて、お片付けも簡単!

このケースAy-Kasaのマルチウェイ ボックスに入れてから、ブロックでより遊ぶようになりました。

レゴデュプロのような大きいブロックは、MIDI(Mサイズ)がおすすめです。

MINI(Sサイズ)は小さなブロックや小さなおもちゃ収納におすすめです。

おすすめのレゴデュプロは、「レゴデュプロの選び方と注意点!始めるなら1歳半、2歳~3歳の知育におすすめ」へ。

タイトルとURLをコピーしました